1. ホーム
  2. アロマバス

アロマバスとは

アロマバスは、温かいお湯をはったバスタブにアロマオイルを数滴たらして、ゆっくり肩までつかったり、半身浴を楽しんだりする方法です。バスタイムは、筋肉の緊張をときほぐしてくれる貴重な時間です。そんな大切な時間をもっと充実させるために、アロマバスはピッタリの存在なのです。
心と体をリラックスさせてくれる入浴に、アロマオイルの持つ香りの効果がプラスされることで、さらなるリラックス効果が期待できます。体の疲れている部分をもんだりさすったりしながら、ゆったりとした時間を過ごして下さい。

全身浴

バスタブにぬるめのお湯をはり、5滴ほどのアロマオイルをたらし、よくかきまぜてからゆったりとつかります。心地よい香りが、浴室いっぱいに広がります。
アロマオイルは水に溶けにくいため、オイルの原液が直接お肌についてしまうことがあります。お肌の弱い方は、アロマオイルを5ml程度の少量のキャリアオイルで薄めてから使用すると良いでしょう。
また、柑橘系のアロマオイルを使用する場合、お肌の敏感な方はピリピリとした刺激を感じることがあります。そのような場合は、オイルの量を減らしたり、使用を中止して下さい。

半身浴

肩までたっぷりとつかる全身浴に対して、心臓の下くらいまで長時間つかるのが半身浴です。 5滴ほどのアロマオイルをたらし、よくかきまぜてからゆったりとつかります。 心臓に負担を掛けにくく、また下半身を温めることによって芯から体を温めることができます。 ぬるめのお湯に30〜40分程度入りましょう。
汗が出るため、入浴前には十分な水分を補給します。 上半身が冷える場合は、バスタオルなどを肩にかけるとよいでしょう。

手浴(ハンドバス)

洗面台のシンクや洗面器にお湯をはり、アロマオイルを2〜3滴たらして両手を浸します。同時に蒸気を吸い込むようにすれば、芳香浴を楽しむことも可能です。指先だけでなく上半身を温めることができますので、肩や首の健康にもおすすめです。ひじをお湯につける「ひじ浴」という方法もあります。

足浴 (フットバス)

簡単に足元から体を温める方法です。大きめの洗面器やバケツに熱めのお湯をはり、アロマオイルを3滴ほどたらします。両足首を入れ、10分ほどつかります。足首や指先のストレッチを行なうとより効果的です。

座浴

大きめの洗面器を利用して、お尻までつかるアロマバスを座浴といいます。
お湯にアロマオイルを1滴たらし、お尻を洗うようなイメージで2〜3分間つかりましょう。

▲ページトップへ

バスソルトの作り方

バスソルトとは

バスソルトとは、ミネラルを沢山含んだ天然塩にアロマオイルを混ぜたものです。 塩を使った入浴法はよく知られていますが、そこにアロマオイルを加えることでアロマテラピー効果も期待できます。
1回の入浴に使う天然塩の量は30〜50gです。お肌の敏感な方は、塩による刺激を感じる場合がありますので、量を少なめにして下さい。
作りおきできるのも便利です。余ったバスソルトは密閉容器で保存して下さい。

バスソルトの作り方

  1. 天然の塩(30〜50g)をボウルに入れて、3滴ほどのアロマオイルを加えます。
  2. 塩とオイルが均一になるようにかき混ぜます。
  3. 出来上がったバスソルトをバスタブに入れ、よくかき混ぜてから入浴します。
▲ページトップへ